フッ素コーティングには防湿効果があり様々な製品に利用できる

スマートフォンと水

おすすめの記事

防湿効果の高いフッ素コーティングは建築現場でも活躍

水に濡れたスマートフォン

コーティング剤の一種として知られるフッ素コーティング剤は、電子部品の製造を始めとするさまざまな工場で部品を保護する目的に多く利用されています。撥水撥油性だけでなく防湿性にも優れたフッ素コーティング剤の活用シーンは工場に限らず、意外な用途としては建築現場でも活躍中です。特に木造住宅など木材を扱う建築現場では、フッ素コーティングを施すことで水に弱い建築材料や建築資材を雨から保護できるようになります。
フッ素コーティングは木材に浸透することなく表面に膜を形成し、表面張力を低下させることで水を弾くのが特徴です。木材は水に濡れると腐敗やカビの繁殖、割れ等の原因となり、材料の劣化につながってしまいます。建築現場では雨を完全に防ぐのが難しいため、昔は住宅の新築中に大雨に降られたことで木材の耐久性が低下するような事例も珍しくありませんでした。
そんな建築現場で防湿性の高いフッ素コーティングを利用し、木材を雨から保護すれば建築物の耐久性が大きく向上するのは間違いありません。フッ素コーティング剤は防湿性だけでなく防汚性にも優れるため、木材の汚れ防止に効果的です。金属部材の錆防止や石材・コンクリート・樹脂部材の耐候性を高める目的など、建築現場でのフッ素コーティング活用場面は木材の保護以外にもいろいろと考えられます。

電子部品等の防湿対策に使われるフッ素コーティングの特徴

電子部品や機械部品には金属が多く使われているため、そのままだと空気中の水分の影響を受けて錆びやすくなってしまいます。電子機器や機械が湿気に弱いと言われているのも、金属部品に錆が生じて機構がうまく働かなくなるのが一因です。
それらの部品や機械の防湿性を高めて故障を防ぐために、多くの工場ではフッ素コーティング剤が使われています。フッ素コーティング剤はシリコン系やウレタン系など他のコーティング剤と比べ、撥水撥油性や防湿性・防汚性などの点に優れています。特に電子部品や電子基板には高度な絶縁防湿性が要求されるだけに、フッ素コーティングは部品や回路を保護する目的に最適です。
イオンマイグレーションによる回路のショートを防止するための防湿コーティング用途にも、フッ素コーティング剤は多く利用されています。電子基板や電子部品に電池電解液が侵入すると機器誤作動の原因となりますので、フッ素コーティング剤による防湿コーティングが欠かせません。
コーティング剤の中には高温で乾燥させる必要があるタイプも少なくありませんが、フッ素コーティング剤は常温で乾燥が可能で扱いやすい点も見逃せない特徴です。フッ素コーティング剤はこの他にも摩擦低減やレンズの屈折率を低くする用途などに使われています。

フライパンのテフロン加工はフッ素コーティングと同じ防湿効果が有る

ご家庭で使用するフライパンには、主にテフロンコーティングされた物とフッ素コーティングされた物の2種類があり、どちらも調理の際の焦げ付き等が無くご家庭の主婦等の支持を得ております。実はこのテフロンコーティングとフッ素コーティングは同じ物で、一般的なフライパンはフッ素コーティング加工品と呼ばれておりますが、アメリカの会社が開発したフッ素を使用した表面加工をテフロンコーティング加工と呼んでおります。その為、テフロンコーティング加工が施されたフライパンも、フッ素コーティング加工が施されたフライパンと同様の特徴を持っており、防湿性や撥水性、防汚性や耐酸性、低摩擦性等の特徴が有ります。特にフライパンの素材となる鉄の表面にテフロンコーティングを施す事によって、素材である鉄の錆を防ぐ防湿性に優れた効果を発揮する為、長期間に判って使い続ける事が出来ます。更に高い防湿性や低摩擦性を持つ事によって調理中の食材の焦げ付きを防ぐ事を実現しております。このテフロンコーティング加工とフッ素コーティング加工の違いは、そのフライパンの表面に塗布されたフッ素樹脂の厚みの違いに有るとされており、より厚くフッ素樹脂が塗布されているテフロンコーティング加工品のフライパンの方が優れていると言われております。


大切な電子機器、1つ故障しただけで莫大なお金が削られることも!防湿なら『株式会社フロロテクノロジー』!豊富な実績による培ってきた情報と技術力によって皆様の電子機器の危機を未然に防ぎます!

ピックアップ

TOP